障害者がゴルフをするには

現在、切断小児マヒ脳血管障害による片マヒ脳性マヒ車椅子視覚障害知的障害など様々な障害を持つ人達がゴルフを楽しんでいます。
特にゴルフは、数あるスポーツの中でも視覚障害者が取り組みやすいスポーツです。
ショットするために必要な視覚的な情報、スタンスの方向や目標までの距離などは、同行者からアドバイスしてもらいますが、そのほかは健常者のゴルフと同じように、ゲームを進めることができます。

また、ゴルフをアレンジしたスポーツとして、グラウンド・ゴルフあります。
昭和57年に鳥取県泊村で文部省の生涯スポーツ推進事業の一環とし生まれました。
気軽に楽しめる野外スポーツとして、子供からお年寄り、そして障害者まで広く親しまれています。
専用のクラブ、ボール、ホールポスト、スタートマットを使用して、ゴルフのようにボールをクラブで打ち、ホールポストにホールインするまでの打数を競います。
場所によって距離やホールポストの数を自由に設定でき、ルールも簡単なため、手軽に楽しむことができます。

このページの最初へ

障害者がインターネットで収入のトップページへ

メールマガジン
2万部発行!多謝!
リアルタイムな私の姿をありのまま発信しています。(無料

お気楽障害者が遊びほうけて年1000万稼ぐ実況中継
登録メールアドレス:
お気楽障害者の親指1本ラクラク366日パソコン操作
登録メールアドレス:
検 索