障害者がテニスをするには(車いすテニスとは)

車いすテニスとは、テニス用のスポーツタイプの車いすを使ってプレーするテニスです。
2バウンドの返球が有効である以外は、コートの大きさ、ネットの高さ、得点の数え方など一般のテニスと同じルールです。
テニス用車いすはタイヤが正面から見るとハの字になっていて倒れにくく、旋回しやすい性能を持っています。

また、車いす選手と健常者が一組のペアでテニスをする種目を「ニューミックス」といい、健常者と障害者が一緒にテニスを楽しむことができます。
ニューミックスの時は健常者は1バウンドで車いすプレイヤーは2バウンドで行います。 

車いすテニスの競技プレーヤーになる唯一の資格は、四肢のいずれか、あるいは二肢以上に殆ど、あるいは全疾の運動機能障害があることです。
プレーヤーがそれらの機能障害があることにより、一般の競技テニスでプレイできない場合に、ITF国際テニス連盟)が公認する車いすテニストーナメントに出場できます。

このページの最初へ

障害者がインターネットで収入のトップページへ

メールマガジン
2万部発行!多謝!
リアルタイムな私の姿をありのまま発信しています。(無料

お気楽障害者が遊びほうけて年1000万稼ぐ実況中継
登録メールアドレス:
お気楽障害者の親指1本ラクラク366日パソコン操作
登録メールアドレス:
検 索