障害者が卓球をするには(サウンドテーブルテニスとは)

卓球は、かなり広い年齢の人に親しまれ、競技としてだけでなく、娯楽として楽しんでいる人も多いスポーツです。
視覚障害者の卓球には、弱視者の卓球と、基本的にアイマスクをして行なう、サウンドテーブルテニスがあり、障害者スポーツ大会の正式種目にもなっています。
サウンドテーブルテニスとは、以前は盲人卓球と呼ばれていた競技です。

サウンドテーブルテニスは、ラバーの貼られていないJTTA公認ラケットを用いて、公認球に金属球を入れたボールをころがすように打ち合う競技です。
双方アイマスクをし完全に見えない状態にして、ボールに入った金属玉の転がる音を頼りにボールの位置を感じ取り、中央のネットの下をくぐらせて打ち合います(ネットと台の間は、球が通過できる程のスペースがあります)。
ルールは比較的簡単ですが、耳を澄ましての真剣勝負が繰り広げられ、奥の深い競技です。
また下半身の動きも比較的少ないので、肢体不自由者も楽しむことができます。

このページの最初へ

障害者がインターネットで収入のトップページへ

メールマガジン
2万部発行!多謝!
リアルタイムな私の姿をありのまま発信しています。(無料

お気楽障害者が遊びほうけて年1000万稼ぐ実況中継
登録メールアドレス:
お気楽障害者の親指1本ラクラク366日パソコン操作
登録メールアドレス:
検 索